兵庫夙川ボーイズの原動力とは?

 

【創部5年目】

夏の選手権大会 

兵庫県支部予選 優勝

 

春の全国大会 

兵庫県支部予選 優勝

 

日本少年野球 

全国大会 準優勝

 

選手権大会 

兵庫県支部予選 準優勝

 

ジャイアンツカップ 出場 1回

 

現在このような結果が出ております。

 

今年の3年生は

どんな選手達だったのか?

 

彼らの1年生・2年生時代は

決してうまいとは言えない

選手たちでした。

彼らは3年になって伸びていきました。

 

★どんな選手が入部してくるのか?

 

ごく普通の選手です。

 

少年野球時代に

4番を打っている選手もいれば

7番8番バッターだった

選手もいます

 

エースピッチャーの選手もいれば

控えの選手も入部してます。

 

小学時代に活躍していた選手。

小学生時代には

まだ活躍できていない選手。

いろいろなレベルの選手が

兵庫夙川ボーイズに入部します。

 

中学野球3年間で

びっくりするほど成長します。

 

どうして?

 

兵庫夙川ボーイズの選手は

中学3年間で

いろいろな野球理論を勉強して

それをマスターしていきます。

 

いろいろな野球理論を

どこで勉強しているかは

後の方で書いてます。

 

レベルの高い野球理論を知り

実戦することで

中学1年の時にできなかったことも

3年間で出来るようになります。

 

【体の小さい選手】

★中学3年になると身長も

伸び筋力もついてきます。

 

一生懸命練習をすれば、

小学校時代

いい成績をあげれなかった選手でも

中学3年になればレギュラーを

勝ち取っております。

 

【小学生時代うまいといわれた選手】

真剣に練習するかしないかで

伸び率は変わってきます。

うまい選手は

どんどん伸びていきます。

 

兵庫夙川ボーイズのモットー

高校野球の夏の大会を笑顔で

迎えれる選手になる。

 

中学3年間はあっという間に

過ぎていきます。

 

いい野球の土台が

できるかどうかは

この3年間で決まってきます。

 

【この3年間で何をするか?】

野球の技術の引き出し

身体能力の上げ方の引き出し

メンタルの引き出し

体のケアーの引き出し

野球に関するあらゆる知識を

選手に伝えていきます。

 

引き出しは多い方がいいですよね。

 

兵庫夙川ボーイズの原動力

兵庫夙川ボーイズは

土日祝チーム練習を行い

平日1回野球心で、練習を行います。

 

野球心で知識の引き出しを作り

土日祝の練習でその引き出しの数を

増やしていきます。

 

チーム練習

土日祝+野球心合わせて

週3日間~4日間、練習を行います。

 

あと3~4日間は何をする?

 

自主練習と勉強をするように

伝えております。

 

自主練習の課題は、

それぞれ与えているで

自主練習が終われば

勉強に切り替えるように

言っておりますが

残念ながら自宅で何を行っているか

目が届かないので

個人差があるようです(笑)

 

自主練習をやるかやらないかで

3年後に野球での差が

はっきりと出てきます。

 

指導者も野球経験な方が豊富で、

プロ野球経験者

甲子園経験者

独立リーグ経験者

社会人野球経験者

いろいろな分野にたけている

指導者が数多くいます。

 

野球心とは

西宮市で小中学生中心に

野球教室を行っております。

 

代表

水口栄二 

元オリックスバファローズ 

バッティングコーチ

いろいろな野球のブログ載せてます。

 

プロ野球選手を育てた練習メニュー

野球理論を

野球心の生徒たちに教えてます。

 

現在であれば

T-岡田(オリックスバファローズ)

坂口(ヤクルトスワローズ)

伊藤光(横浜ベイスターズ)

 

水口が考え出した

オリジナルな練習法を

やっておりました。

 

【スタッフ】

武田祥太朗 

智辯学園野球部 甲子園出場あり

 

田井友人  

岡山県倉敷高校 日本大学野球部

 

この2人が、

野球心オリジナル練習法を

完全マスターしているので、

野球心の生徒のレベルも

かなり上がってきております。

 

小池コーチ 

元近鉄バファローズ投手

 

赤川コンディショニングコーチ 

元近鉄バファローズ 

小池コーチ・赤川コーチは

野球心の平日練習でスポットで

レッスンを行っております。

 

松下コーチ 

元阪神タイガース 野手

月に7回ぐらい来られるので

野球心の生徒の

バッティングのレベルは

確実に上がってきております。

 

ここをクリックしてください⇧

 

あらゆる面でサポートを行い

このやり方で

3年間練習を行うと確実に

レベルはアップします。

 

現在の自分の野球レベルを理解して

それに対する練習法や

メンタルトレーニングを行う。

 

個々に対して

練習内容を変えていき

最終的には

全員をレベルアップさせる。

 

一生懸命練習する選手は

必ず成果として現れます。

 

現在の兵庫夙川ボーイズは?

【1年生】

身体能力を上げながら、

野球の技術

メンタル面を上げていってます。

まだまだ、弱いチームです(頑張る)

【2年生】

ちょっとづつ身体能力が上がってきて

野球心で伝えている

体の使い方が出来つつあります。

この冬

もうひと頑張りして

夏に成果を上げれるように

頑張っております。

まだまだ弱いチームです(頑張る)

【3年生】

彼らの2年の時期は

今の2年生とレベルが

似ていました。

 

秋の大会・春の大会2回戦負け。

 

しかし冬での練習の成果が

夏にでてきて夏の兵庫県予選で 

大会通算

129打数52安打

打率・403 

 

選手権大会 兵庫県支部予選 準優勝

ジャイアンツカップ出場を

勝ち取りました。

 

1年2年で結果が出なくても

3年の夏に強いチームになる

 

兵庫夙川ボーイズは

3年の夏には選手も

見違えるほど体力がつき

野球のスキルも上がってきます。

 

3年の大会が終われば

高校野球に向けて

もう一つ

高いレベルの練習が始まります。

体の身体能力が上がることにより

高いレベルの練習も

行うことが出来ます。

 

作詞家 阿久悠さんが

甲子園の詩を作られてました。

 

甲子園で、準優勝したときに

松山商業もこの甲子園の詩を

作ってもらっいました。

勇気がもらえる詩です。

 

怪童もいなければ、天才もいない

大器もいなければ、逸材もいない

目を見張る幸運児も

特別のツキ男もいない

一人一人が一人一人の役を

果たしながら

巨大な歯車をまわす

圧倒するプレッシャーはなくても

気の抜けないプレッシャーは

かけられる

あたりまえのことを

あたりまえにやって来るということは

きっと怖いことなのだ

戦慄をさそう一発の快打よりより 

誰もがミスしないことの方が 

相手に与えるダメージは大きいと

彼らはそれを知っている 

それを知り得たことが勲章で

裸の千本ノックも 今光る    

新しいということは 

時の流れにそって動くのではなく 

今 何かを見つけることで 

たとえ それが 

古びた定説であっても 

信念を持って選べば新しい 

古豪と云われる松山商業が

誰よりもみずみずしいのは 

15から18までの少年が 

努力でなし得ることを

発見したからだ 

怪童もいなければ 天才もいない 

大器もいなけければ 逸材もいない 

しかし 

怪童を越え 天才を越え 

大器を越え 

逸材を越え 彼らは強い