一般社団法人 健康情報連携機構の脇谷さんに、

スポーツケアの重要性ついての講習会を実施していただきました。

講義の後には、ラクリスで選手たちにボディケアをしてもらいました。

 

肘・肩・腰

中学生でも故障はします。

ラクリスを受けた選手達は、正直です。

 

ボディーケア後

・腰が痛くない

・股関節が良く動く

・手首が痛くない

・肩がめちゃめちゃ動く

・肘が痛くない

今まで見たことのない

いい笑顔でした。

 

 

そりゃ

プロ野球選手も多数ボディケア―来てるはずです。

悪い箇所が治るんですから!

 

脇谷先生が言っていた言葉で

小学生時代・中学時代に

無理をした状態で

肩・肘・腰などを酷使すると必ず故障します。

その時期が、小学生時代なのか中学時代なのか高校時代なのか分かりませんが必ず怪我をします。

故障=練習量の多さではなくて

練習量が多くても

その後のケアーをしていれば、故障はしません。

確かにそうです。

 

兵庫夙川ボーイズは

脇谷先生・ラクリスに

全面協力したいただくことになりました。

チームとしては

関西圏に、ただ1しかありません。

 

最新の医療方法を兵庫夙川ボーイズでは行います。

小学・中学で一番多い

肘・肩・腰の痛みを

防止して質の高いレベルの練習を行っていきます。

 

そうそうたるプロ野球選手が治療に来てます。